本講座は、誰も書かなかった、誰も教えなかった「数学が実際に使われた現場の再現ドラマ」です。

アインシュタインとともに20世紀の2大天才と言われたボーアの量子論の閃きは、実はスイスのバーゼルで中学の先生をしていたバルマー先生の発見した式によって生まれました。

非常に有名な式なのですが、単なる観測値から、その式がどのようにして導き出されたのかは誰も書いていません。

興味に駆られてやってみますと、ナント高校1~2年生の数学レベルで導出できてしまうことが分かりました。

実は、バルマー先生の式は高校生の君たちレベルの知識で導き出せるのです。

というか、バルマー先生の脳の動きを再現するこのツアーを通して、高校数学の屋台骨である二次関数と数列を理解することで、君の心はもう卒論が修士論文が待ち遠しくて仕方がなくなるはずです。

これを読まれた後は、是非、下記のページの問題にもチャレンジしてみてください!